▲ ページの先頭へ

会社案内 -Corporate guidance-

社長挨拶

社風 社員の“和”をモットーに、誰もが、自分の意見を自由に言える、のびのびとした会社をめざしています。

扱い製品が、埃のような形態である為、社内のいたるところに繊維くずがたまっていましたが、ISO9001の取得を機に、社内美化を推進し、埃扱い業らしくない製造工場をめざし、努力を重ねています。

また、創業以来培われてきた、「物を大切にする」という意識が、社員一人一人の中に継承されており、つぎはぎだらけの椅子や台車、スクラップ品の部品の再利用は、社内の至る所に点在しています。安価に手に入るものでも、少し手をかければ使えるものは捨てない、という感覚は、当社の無形の財産だと考えています。

代表取締役社長
繁原 雅也

会社概要

社名 株式会社 中部パイル工業所
所在地 〒440-0091 豊橋市下五井町沖田168
TEL:
0532-54-8238
FAX:
0532-53-3532
事業内容 短繊維及び植毛用パイルの製造
創立 1959年2月1日
資本金 2,400万円
代表者 代表取締役社長 繁原 雅也
従業員数 40名

会社沿革

1959年02月 創立。衣料、雑貨、カーペット、麻雀マット用途等で植毛用パイルを製造。
1962年 工場を現住所に移転。本格的に植毛用パイル製造を開始。
パイル製造業界としては初めて、コロイダルシリカを電着処理剤に使用し、製品性能を向上。
カット機は、鋼材カット機メーカーと協力して現在のカット機を開発。
(その後、国内外の大手繊維関連メーカーにも採用された。)
1965年 自動車チャンネル用途として植毛品が採用される。(業界初)
1967年05月 株式会社として改組設立。資本金300万円。
1968年 湿度の変化で色の変わるオリジナルパイルを開発。
このパイルを使用した「お天気人形」が流行して売上に貢献。
1971年08月 資本金1200万円に増資。排水処理設備導入。
1978年01月 自動車内装材料として初めて、座席シートサイドに当社製品を使用した植毛布が採用される。(業界初)
1980年 自動車のエアコン噴出し口、コンソールボックス、ピラーなど内装部品植毛が、車・部品メーカーと協力して、採用される。(業界初)
1981年 自動車用途需要増に伴い、繊維メーカー東レと協力し、耐光性対策糸を開発。
目を疲れにくくする為、クリンプを施したパイルを繊維メーカーに提案し、量産化。
ベンディングパイルとして販売。
1985年 エポック社のシルバニアファミリー用のパイル増産。
1988年04月 名古屋中小企業投資育成㈱の資本参加を得て、資本金 2400万円に増資。
1988年 困難と言われていたアラミド繊維(ケブラー)の定長カットに成功。
1990年 新社屋完成。
1995年09月 カット生産効率アップの為、ドイツ製カット機バーガー導入。
1999年01月 原糸サイズの表記を、D(デニール)から国際標準のT(テックス)に切替。
2001年08月 ISO9001取得。
2001年10月 井戸水浄化システム導入。
2004年07月 ISO14001取得。
2005年11月 染色用自動制御システム導入。
2006年 生産管理システム導入。
試験室用染色自動化システム導入。
2007年 井水浄化設備増設。井水・染色バック入替 6台。
2008年 創業50周年。
2009年 処理薬品自動計量システム導入。
2010年 ECカッター導入。
2011年 サーバー入替。
2012年 PC入替。
2013年 排水設備改修。
2015年 排水処理設備、再利用水設備増強。
2016年 ワインダー増設。

アクセス

〒440-0091
豊橋市下五井町沖田168

まずはお気軽にご連絡してください。

TEL:
0532-54-8238