▲ ページの先頭へ

業務内容 -Work content-

研究開発

導電パイルの開発

当社はこの度"導電パイル"を開発致しました。
導電樹脂を分散液中で、パイルに導電ポリマー皮膜を合成するものです。
当社独自技術を開発し、特許取得を致しました。
(特許第5536002号)
既存の導電ポリマー使用の導電パイルに比べ、耐久性が格段に改善されています。
各種繊維材料に加工が出来ます。顧客皆様のご要望に相談させて頂きます。

品質特性
  • 電気抵抗値はポリマー皮膜の密度をあげる事により、101Ωまで下げる導電性の改善を出来ました。
  • 堅牢な皮膜形成に依り、電気抵抗値の耐久性が既存品に比べ、格段に向上させる事が出来ました。
  • 導電皮膜は有機高分子ですので、重金属などの金属を含みません。金属含有を嫌う電子材料などに最適です。
ラインナップ
  • ナイロン、ポリエステル、アクリル、ポリプロピレン、レーヨン等各種繊維に導電加工出来ます。
  • 使用量に応じて1kgからお受け致します。
用途
  • 導電紙の基材、制電ローラー、電子材料
漏洩抵抗値
  単位 ナイロン ポリエステル アクリル ポリプロピレン レーヨン
漏洩抵抗値 Ω 7.7×101 8.1×101 7.0×101 9.0×101 2.9×103

特許等

創業以来、繊維加工・植毛に関するさまざまな開発を行い、約30件を特許申請。
現在、特許・商標として認められている主なものを記載しております。

特許
霜降り調植毛品の製造方法
特許 第2551873号(豊田合成(株)共願)
切断したポリエステル短繊維の処理方法
特許 第3171654号
植毛製品及びその製造方法
特許 第4113435号(トヨタ自動車(株)共願)
植毛用繊維及びその製造方法ならびに植毛製品製造方法
特許 第4027810号(トヨタ自動車(株)共願)
布綿、糸、又はフロックの表面処理方法
特許 第5536002号
商標
フロックアート
商標41類 第4158427号、商標17類 第4158427号