▲ ページの先頭へ

業務内容 -Work content-

検査機器

検査

各工程では、定められた検査を行います。
また、開発部門では、製品に応じて必要な検査を行いデータを収集します。

水分率
水分率計
繊維製品において、品質を左右する大切な要因は、水分率です。
すべての工程で水分率計を設置し、品質管理に努めています。

抵抗値
絶縁抵抗測定器
最終の選別工程では、パイルの抵抗値を確認します。

長さ
投影機
カット工程、選別工程では、随時、繊維の長さを確認して加工を行います。シャーレに繊維をのせ、20倍、50倍、100倍のレンズを選択して長さを測ります。

自動測長機
長さの管理が必要な製品については、繊維の長さを測り、確認を行います。

  • 1回の操作で、10本(長いもの)~100本(短いもの)の繊維長が計れる為、測定者の 意図が入りにくく、実際の長さに近い数値が計測できます。

  • 測定結果をグラフ表示します。

飛翔性
飛翔性試験機(フロックモーションテスター)
一定量のパイルを皿に乗せ、電荷をかけ、飛び方の確認をします。

分散性試験機
飛翔性試験機(フロックモーションテスター)
一定量のパイルを篩に入れて回転させ、メッシュからのパイルの落ちる量で、植毛用パイルの分散性の確認を行います。

色彩色差計
特定製品について、色の管理を数値で行います。

経時変化
フェードメーター
紫外線照射で、自動車用途に必要な品質基準の確認を行います。

低温、恒温恒湿機
温度、湿度を一定に調整して、製品の変化を確認します。
-25°C以上の温度において、湿度の条件を変更した耐久試験を行います。

堅牢度
堅牢度試験機
植毛品の染色堅牢度、摩擦堅牢度を確認します。